四季の風景時計


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事


登場人物:年齢

登場人物紹介へ

『Prologue』 
涼介:大学生

『兄』 『紗栄子』 『妹』
明日香:中2

『Intermezzo』 ~ 5
『明日香』 『涼介』
明日香:高1

メールフォーム


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<1>もっとちょうだい? 1

『あぁぁあんっ!!』

オレのものだと言われ、その証とばかりに

奥深くへと刻まれる印

『女』としての悦びに、溢れる涙

そっと目を開ければ飛び込んで来る

切羽詰まったかの様な、彼の表情

私の視線に気付くと

蕩けそうに甘い笑顔を浮かべる

そして、小さく囁くと

唇に、深いキスをした

何度も告げられるその言葉は

私の心の中まで侵蝕してしまったのだろうか

『・・・す・・・き・・・』

「・・・ん?」

『・・・もっと・・・ちょう、だい?』

首筋にキスを落とし始めた彼に

数分前、拒絶の言葉を発したのと同じ口で

今度は媚びる様な言葉を紡ぎ

縋り付く様に、その首に手を回した



<目次>  →  『中学生』 1-2

『幕間4』 16 へ  ←

『幕間5』 20 へ  ←

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
クリック応援お願い致します
スポンサーサイト

<1>もっとちょうだい? 2

「っ・・・」

息を呑む気配がする

「いくらでも、くれてやるよ」

切なげな、声

「全部・・・お前のモンだ」

私をキツく抱き締めながら、何度も突き上げる

『ああぁっ!』

その激しい動きに、瞳をギュッと閉じれば

目の端から一粒、涙が零れた

・・・いつからだった?

お兄ちゃんに求められたいと

こんなにも望んでしまう様になったのは・・・



『お母さん、お風呂上がったよ』

パジャマに着替えてキッチンに顔を覗かせると

ダイニングで、お兄ちゃんがご飯を食べていた

ドキッと心臓が鳴る

動揺を悟られないように、声を掛けた

『お帰りなさい、お兄ちゃん』

「ただいま、明日香」

変わらぬ笑顔で言葉を返すお兄ちゃん

・・・無理矢理、私を犯した事を謝ってくれた

『好き』だと、『愛してる』と言ってくれた

そして、優しく抱いてくれた

けれど、あの夜を無かった事には出来なくて

信じる事が出来なくて・・・

私はその顔を、見ていられなかった



→  『中学生』 1-3

『中学生』 1-1  ←  <目次>

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
クリック応援お願い致します

<1>もっとちょうだい? 3

「明日香ちゃん、クリスマスイヴの事だけど・・・」

お母さんに声を掛けられ

お誘いがあるのだという話を思い出した

・・・お父さんと、ホテルにお泊まりに行くんだよね

結婚して、もうすぐ8年になるけれど

ラブラブで羨ましい

私もこんな風に、ずっと好き合える人と

いつか結婚出来るのかな・・・

小さな棘が、ツキンと突き刺さる

そんな胸の痛みに気付かない振りをして

『あ、私の事は気にしないで』

『一人で留守番出来るから』

そう応えると、お母さんは思わぬ事を言い始めた



→  『中学生』 1-4

『中学生』 1-2  ←  <目次>

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
クリック応援お願い致します

<1>もっとちょうだい? 4

「涼介のトコに、泊まりに行くといいわ」

「週末は、何処か連れてってくれるそうだから」

「そのまま甘えて来なさいな」

・・・お兄ちゃんのトコにお泊り・・・

「・・・ご馳走様」

お兄ちゃんは席を立つと、ゆっくりとこちらへ歩いて来た

意味ありげな視線を投げ掛け、私にそっと耳打ちする

すぐに、いつものお兄ちゃんの笑顔に戻って

私の頭をポンポンと撫でると

「オレも、風呂入って来るかな」

そう言って、自分の部屋へ着替えを取りに向かった

・・・お兄ちゃんは、私を求めるつもりなんだ・・・

お風呂上がりの温かい身体に、ぞくりと寒気が走る

・・・これは、自分が望んだ結果なんだ

だから・・・私はそれを、拒んじゃいけないんだ・・・



→  『中学生』 2-1

『中学生』 1-3  ←  <目次>

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
クリック応援お願い致します

 | ホーム |  次のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。