FC2ブログ

四季の風景時計


カレンダー

05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事


登場人物:年齢

登場人物紹介へ

『Prologue』 
涼介:大学生

『兄』 『紗栄子』 『妹』
明日香:中2

『Intermezzo』 ~ 5
『明日香』 『涼介』
明日香:高1

メールフォーム


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


桜の約束 5

「わ~!きれい~!」

駆け出した明日香の背中を見送る

境内には、樹齢300年以上と言われている

枝垂れ桜がある

ソメイヨシノより開花が早い枝垂れ桜は

ちょうど満開だった

『本当に、見事だな・・・』

枝垂れ桜は一般的に山地で育つらしく

このような平地には珍しいらしい

けれど、その枝振りは素晴らしく

薄紅色のカーテンを広げている

明日香はその下で

口をポカンと半開きにしたまま見上げていた

『・・・明日香』

明日香の傍らに歩み寄り

目線を合わせるよう腰を屈め、そっと呼び掛ける

ガラス玉のように澄んだ瞳が、オレを映す

・・・その事に、深い悦びを覚える

『来年は、親父とお袋と、4人で桜を見に来よう』

明日香は、その円な瞳を更に大きく見開く

『来年だけじゃない。再来年も、これからずっと』

瞳の中のオレの像が、ぐにゃりと歪む

『もし、親父やお袋が無理でも、オレが居るから』

『・・・約束だ』

オレは微笑んで、右手の小指を掲げてみせると

明日香は飛び付くように、オレの首にしがみ付いた



→  『桜の約束』 6

『桜の約束』 4  ←  <目次>

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
クリック応援お願い致します
スポンサーサイト




 | ホーム |