FC2ブログ

四季の風景時計


カレンダー

05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事


登場人物:年齢

登場人物紹介へ

『Prologue』 
涼介:大学生

『兄』 『紗栄子』 『妹』
明日香:中2

『Intermezzo』 ~ 5
『明日香』 『涼介』
明日香:高1

メールフォーム


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


罪ニ濡レタ夜 4

「ふあぁっ・・・」

耳の穴に舌を差し込まれ、少女は思わず声を上げる

男は、少女の臍の辺りを擽(くすぐ)っていた左手を

パジャマの中へと滑り込ませ

下着の上から脚の付け根を指でなぞる

そこは既に、しっとりと湿り気を帯びていた

「・・・ここは、とても正直だね」

首筋に顔を埋め、その耳殻(じかく)を食みながら

男は、少女の官能を引き出すように

何度も、その谷間に指先を滑らせる

そして、下着の上からでも分かる程に主張を始めた

花芯を、くるくると撫でた

「やぁっ!・・・あ・・・あぁっ」

もどかしいような感覚に

少女は、そこから逃れようと身を捩る

しかし、男の手が、それをさせない

「ダメ・・・変、なのっ」

「変じゃないよ・・・もっと善くしてあげる」

男は、爪で引っ掻くように激しく花芯を弄(なぶ)る

けれど、薄布一枚隔てた愛撫では

焦れったさが募るばかり

少女は、太腿を摺り寄せながら、イヤイヤと首を振った



→  『罪ニ濡レタ夜』 5

『罪ニ濡レタ夜』 3  ←  <目次>

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
クリック応援お願い致します
スポンサーサイト




 | ホーム |