四季の風景時計


カレンダー

07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事


登場人物:年齢

登場人物紹介へ

『Prologue』 
涼介:大学生

『兄』 『紗栄子』 『妹』
明日香:中2

『Intermezzo』 ~ 5
『明日香』 『涼介』
明日香:高1

メールフォーム


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝!90000人突破!!

本日、アクセスカウンターが90000を突破しました!

ブログ開設から、2年と48日目を迎えました

そして、前回の更新から48日目を迎えました・・・(汗)

そこで!明日より!!

『白い楔 ~明日香side~』を、連載します!!!



・・・何か、自信がありません

終わった話をぶり返すようで、クドいかも・・・

余りに需要が無ければ

『赤い鎖 ~涼介side~』は、見合わせます

こういった、一人称で語られる話は

相手が、どう思っているのか分からない方が良い

って思う方も居れば

知りたいって思う方も居ると思うのですが

どうなんでしょうか?

・・・コメントクダサイ・・・



トロニャ@の楽天ブログ だらだら日記 で

ぼやいたのですが

にほんブログ村 の、カテゴリーを変更しました

元々、このブログが『愛欲』に該当するのか?

と、常々悩んでいた事もあり

良い切っ掛けになったと思っています

ただ、よく覗かせて頂いているブログ様が

『愛欲』に集中しており

また、このブログを

『愛欲』から覘きに来て下さる方もいらっしゃるので

引き続き、『愛欲』にも参加させて頂く事にしました

あ~、まだ居たんだ?

と思ったら、覘きに来て下さいませ!

にほんブログ村 小説ブログ ロマンス小説へ
クリック応援お願い致します
スポンサーサイト

<1>パネトーネ 1

『おいし~い!』

黄色い台形の箱から出てきたフワフワのパンは

大きなカップケーキみたいな形をしていた

外側は焦げ茶色なんだけど

中は、とてもキレイな黄色で

ドライフルーツが、たっぷり入っている

お母さんが切り分けてくれたのを

甘~いカフェオレを飲みながら食べていた

「パネトーネ、って言うんですって」

「クリスマスの定番らしいわよ?」

お父さんが、クリスマスの日に

お友達から貰ってきてくれたパネトーネ

イタリアの菓子パンらしいけれど

これは、ブラジルから取り寄せたらしい

地球の反対側、真夏の国から真冬の国へ

サンタさんが運んで来てくれたんだ



<目次>  →  『白い楔』 1-2

にほんブログ村 小説ブログ ロマンス小説へ
クリック応援お願い致します

<1>パネトーネ 2

「こういうのなら、涼介も食べるかもね」

『・・・おにいちゃん?』

お母さんの呟きに、先日の事を思い浮かべる

・・・お母さんは、料理がとても上手だけれど

お菓子作りは、あまり得意ではないらしい

私が、『クリスマスケーキをつくりたい』と言ったら

丸いスポンジ生地と、ホイップクリーム

デコレーション用のチョコやフルーツを用意してくれて

お母さんと一緒に作ったんだ

お兄ちゃんも、「美味しい」って、食べてくれたけど・・・

私の不思議そうな表情に気付いたのか

お母さんが苦笑した

「涼介はね、甘い物が苦手なのよ」

「明日香ちゃんが作った物は、特別なのね」



→  『白い楔』 1-3

『白い楔』 1-1  ←  <目次>

にほんブログ村 小説ブログ ロマンス小説へ
クリック応援お願い致します

<1>パネトーネ 3

だから、クリスマスケーキは止めにしたんだ

パンドーロとか、クグロフとか

作り方が難しかったり、専用の型が要ったりしたから

我が家では、シュトーレンが定番になったのに

・・・今年は何で、ブッシュドノエルにしたんだっけ?・・・

「何、食べてんの?」

お兄ちゃんが、私を後ろから抱き締める

『パネトーネ、って言う菓子パンだよ』

切り分けようと、ナイフを取ろうとした私の手首を

お兄ちゃんは掴むと、ぐいと持ち上げて

私の手の甲に、ちゅっとキスをした

「・・・オレは、明日香が食べたいな」

そう言って、私の項に口付け、ペロリと首筋を舐める

『お兄、ちゃん・・・?』

振り返ろうとするのに、身体が

まるで鉛のように重くて動かない

ダイニングの椅子に座っていたはずなのに

いつの間にか、周りには何も無くなっていて

お母さんも、居なくなっていて

私は小学生だったはずなのに

中学生の身体になっていて

私も、お兄ちゃんも、裸で・・・

『ぃやぁっ・・・!』



→  『白い楔』 1-4

『白い楔』 1-2  ←  <目次>

にほんブログ村 小説ブログ ロマンス小説へ
クリック応援お願い致します

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。