FC2ブログ

四季の風景時計


カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新記事


登場人物:年齢

登場人物紹介へ

『Prologue』 
涼介:大学生

『兄』 『紗栄子』 『妹』
明日香:中2

『Intermezzo』 ~ 5
『明日香』 『涼介』
明日香:高1

メールフォーム


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<3>ハチミツ 6

『あっ、あっ、あっ・・・』

目を閉じて、気持ちイイコトだけを拾う

私が腰を振るのに合わせて、お兄ちゃんが

掴んだ私のお尻を持ち上げる

「明日香は、飲み込みが早いな」

身体のラインを辿るように両手を滑らせ

揺れる胸を掬い上げる

お兄ちゃんの手にすっぽりと納まってしまうそれを

グニグニと揉み拉き

先端の色の変わるラインを指でなぞる

「・・・こっちも、弄(いじ)って欲しそうだ」

言うなり、お兄ちゃんは上体を起こし

私の右胸の先端にしゃぶりついた

『んあぁっ』

ペロペロと舌で転がされ

チュパッチュパッと音を立てて吸う

存分に舐め回してから、もう片方にも吸い付き

同時に、唾液に濡れた方を指先で捻る

私は、お兄ちゃんの頭を抱えるようにして

ゾクゾクと湧き上がる感覚に耐えていた

「乳首、弄(いじ)ると中が締まるんだよ・・・」

「気持ちイイんだ?」

『っやぁ・・・』

揶揄(からか)うような口調で囁くお兄ちゃん

吐息が左胸の先端を擽り、新たな快感を産む

恥ずかしくて顔を背ければ、頤を掴まれる

「明日香、可愛い」

有無を言わさぬ激しいキス

絡められた舌は、ハチミツの味がした



→  『白い楔』 3-7

『白い楔』 3-5  ←  <目次>

にほんブログ村 小説ブログ ロマンス小説へ
クリック応援お願い致します
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-09-14 23:12 # [ 編集 ]

褒めて伸ばす先生w

> 09/14非コメ さん
コメント、ありがとうございます!

そして明日香は、素直な生徒なんでしょうねぇ
・・・素直と言うより、従順かな?

涼介より、明日香の方が
ハチミツの香りに酔ってしまっているのかも
男は視覚に頼りがちですが
女は五感(特に聴覚?)で感じるものですから
2013-09-15 00:23 トロニャ@ #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://toronya2006.blog.fc2.com/tb.php/381-ac2bcf4c

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。