FC2ブログ

四季の風景時計


カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事


登場人物:年齢

登場人物紹介へ

『Prologue』 
涼介:大学生

『兄』 『紗栄子』 『妹』
明日香:中2

『Intermezzo』 ~ 5
『明日香』 『涼介』
明日香:高1

メールフォーム


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<3>ハチミツ 8

『いやぁぁぁあっ!』

全力で、お兄ちゃんの肩を押して仰け反り

後ろへ倒れ込む

ズルリと楔が抜け落ちる

直前、お兄ちゃんは私の腰を掴み

そのまま押し倒すようにして、私の上に伸し掛かった

「・・・ゴメン、これ以上はしないよ」

ハァハァと肩で息をしながら、恥辱の涙を流す私の頬に

お兄ちゃんは、そっと口付けを落とす

後孔を弄(なぶ)っていたのとは逆の手で

髪を撫で、頬を濡らす雫を拭う

窺えば、苦しげな表情のお兄ちゃん

辱めを受けていたのは、私の方なのに

『・・・どう、して・・・?』

・・・そんな顔をするの?・・・

お兄ちゃんは、私が口にした言葉を

別の意味に捉えたのか、口元を歪な笑みに形作る

「後ろじゃ、子供は出来ないだろ?」

『っあぁ・・・っ』

お兄ちゃんは、私の腰を両手で掴み直すと

剛直で中をグルリと掻き回し

先端で最奥の入り口をノックする

「言っただろ?こっちに、一杯出してやるって」

唇に、軽く触れるだけのキスをして囁く

「・・・全部、受け止めて」

お兄ちゃんの瞳に、深い悲しみの色を

見たような気がしたけれど

直後、始まった激しい抽挿に

私の目の前は、真っ白に塗り潰されてしまった



―END―

『白い楔』 3-7  ←  <目次>

『白い楔』 初めから読む  ←

にほんブログ村 小説ブログ ロマンス小説へ
クリック応援お願い致します
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-09-15 21:55 # [ 編集 ]

え…

どきどきしました。でも、もうおしまい?もう少し、もう少し…、もう10話くらい…妹ちゃんを責めても…いいかな、と。
2013-09-15 22:26 ぐりり #- URL [ 編集 ]

そうなんです

> 09/15非コメ さん
コメント、ありがとうございます!

これは、明日香が妊娠対策をする前の話なので
涼介は、とにかく中出しに拘っています

涼介の想いに翻弄される明日香
それが通じ合うまでを描く事が出来たら良いな
と、思っています
2013-09-16 00:08 トロニャ@ #- URL [ 編集 ]

同じコトを繰り返してるだけかな~と・・・(汗)

> ぐりり さん
コメント、ありがとうございます!

クリスマスイヴから大掃除の日まで・・・
24日の夜から30日の朝まで5日半
延々責めっぱなし
その内の25日の夕方までを『中学生』
26日の出来事を『白い楔』
後、3日分ですか?
う、う~ん・・・(汗)
2013-09-16 00:59 トロニャ@ #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://toronya2006.blog.fc2.com/tb.php/383-0135cb35

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。