FC2ブログ

四季の風景時計


カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新記事


登場人物:年齢

登場人物紹介へ

『Prologue』 
涼介:大学生

『兄』 『紗栄子』 『妹』
明日香:中2

『Intermezzo』 ~ 5
『明日香』 『涼介』
明日香:高1

メールフォーム


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<1>堕落 2

昂った感情は、眠りを齎(もたら)さない

深い眠りに就く明日香をそのままに

オレは、ベッドを抜け出した

ベタ付く身体のまま部屋着を纏い

冷え切ったリビングで一人、シャンパンを空ける

酔う事さえも、許されなかった

それでもソファへ横になり、瞼を閉じる

感情と共に冷える身体を丸め、暫し微睡(まどろ)む

寒さに目を覚ませば、カーテンの隙間から

白々と、朝の光が差し込んでいた

のろのろと起き上がり

凝り固まった身体を解すように手足を伸ばす

リビングのカーテンを開ければ、澄んだ冬の空

自分とは対照的なその色に、思わず目を細めた

空瓶を片付けてから顔を洗い

最低限の身嗜みを整えると

一人暮らしを始めてからの日課である

ジョギングへと向かった

時折擦れ違う住人に、作った笑顔を向ければ

幾人かは頬を染め、挨拶を返して来る

どうやら、表面は取り繕えているらしい

いつもより短めに切り上げて部屋へ戻り

リビングの暖房を点けてから

冷たいシャワーを頭から被る

そして・・・腹は決まった

堕ちる所まで落ちてみせよう、と



→  『赤い鎖』 1-3

『赤い鎖』 1-1  ←  <目次>
 
にほんブログ村 小説ブログ ロマンス小説へ
クリック応援お願い致します
スポンサーサイト

コメント

思いのままに

落ちることは、重力に従うこと。

落ちたら、
何かが変わるかも?

2013-10-03 22:54 らら #- URL [ 編集 ]

やや・ゆゆ さん

拍手、ありがとうございます!

落ち着く先がハッピーであるように
書き進められたらなぁ、と思っています

この話(『赤い鎖』)は、涼介の葛藤が主軸なので
暗い話になるかもしれませんが(汗)
2013-10-04 16:47 トロニャ@ #- URL [ 編集 ]

涼介の選択

> らら さん
コメント、ありがとうございます!

落ちた先に何があるのか
冷静になって考えた結論
上手く表現出来れば良いなと思います
2013-10-04 16:55 トロニャ@ #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://toronya2006.blog.fc2.com/tb.php/389-b450ce7c

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。