FC2ブログ

四季の風景時計


カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事


登場人物:年齢

登場人物紹介へ

『Prologue』 
涼介:大学生

『兄』 『紗栄子』 『妹』
明日香:中2

『Intermezzo』 ~ 5
『明日香』 『涼介』
明日香:高1

メールフォーム


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<7>過去 2

「明日香は、甘えるのが下手でね・・・」

「僕が、上手く甘えさせてやれなかったから」

「だと思うんだが」

自嘲めいた笑みを浮かべ

親父が呟くように発した言葉は

オレには、晴天の霹靂だった

明日香は、いつだって

素直に甘えて来た

それは、あの夜までの事ではあったけれど・・・

オレの驚きが伝わったのか

親父は、小さく笑う

「涼介君は、特別なんだよ」

「あの子は、いつも、大人に遠慮している」

「はるみさんや、実の父親である僕にも、ね」



「明日香は、周囲から望まれなかった子供だった」

そう切り出した、親父の回顧

それは、辛い過去だった



→  『赤い鎖』 7-3

『赤い鎖』 7-1  ←  <目次>
 
にほんブログ村 小説ブログ ロマンス小説へ
クリック応援お願い致します
スポンサーサイト

コメント

男同士

護るべき明日香の
存在の愛おしさ。

父が思う気持ち。

兄として思う気持ち。
涼介が感じる気持ち。

人と人の巡り合いは
親子も兄妹も、恋人も。
運命・宿命でしょうか

2013-11-07 21:19 らら #- URL [ 編集 ]

父として

> らら さん
コメント、ありがとうございます!

京一郎が何を思って
明日香と涼介を見守っているのか
ちょっと、本人から語ってもらいます
2013-11-08 00:43 トロニャ@ #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://toronya2006.blog.fc2.com/tb.php/423-d5218ae3

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。