FC2ブログ

四季の風景時計


カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新記事


登場人物:年齢

登場人物紹介へ

『Prologue』 
涼介:大学生

『兄』 『紗栄子』 『妹』
明日香:中2

『Intermezzo』 ~ 5
『明日香』 『涼介』
明日香:高1

メールフォーム


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<7>過去 6

京一郎は、そんな娘を連れて

逃げるように引っ越した

幸いにも、預けた保育園で愛情を注がれ

また、京一郎自身も、出来うる限り

明日香と触れ合うよう心掛けた事で

その笑顔を取り戻す事は出来た

しかし、また傷付く事を恐れているのか

常に、大人と距離を置くようになってしまった

実の父親である、京一郎にさえ遠慮して

だから、明日香が何を欲しがっているのか

さえ分からず

未来(みき)が生前

「新しい家族よ」

と、与えていた

ヌイグルミばかりが、子供部屋に増えていった

そんな時、はるみと出会った

母親の愛情に飢えていた明日香は

直ぐに、はるみに懐いた

そして、時々ではあるが会話に上る

涼介の存在に、興味を持ったようだった

明日香と同じように

幼い頃に片親を亡くしている

母を良く助け

「自慢の息子なの」

と、嬉しそうに微笑むはるみに

「わたしも、おてつだいするの!」

と、明るい笑顔を見せるようになっていった



→  『赤い鎖』 7-7

『赤い鎖』 7-5  ←  <目次>
 
にほんブログ村 小説ブログ ロマンス小説へ
クリック応援お願い致します
スポンサーサイト

コメント

ガラス細工

男親にとって、
娘は恋人や妻よりも
気を遣うものかも。

幼いうえに、心に傷もある。
母に甘えることもできない。
明日香の闇に、はるみさんの笑顔は暖かな
ひだまりでしょうか。
ひだまりの中に、大きなヌイグルミ
抱きしめてくれる大きな大きなヌイグルミ
みつけたのかな?
2013-11-10 21:00 らら #- URL [ 編集 ]

出会いの動物園にて

> らら さん
コメント、ありがとうございます!

京一郎は、明日香に対しても
負い目を感じているんですよね
母を失わせた事
祖母から守ってやれなかった事

明日香は母親に飢えていたので
お弁当は、ポイント高かった
でしょうね
2013-11-10 21:43 トロニャ@ #- URL [ 編集 ]

プロポーズ大作戦

お弁当で、しっかり胃袋
掴まれましたよね。

卵焼きを作って
お父さんが「おいしい!」
お兄ちゃんが「すごいな!」って褒めてくれる
明日香に自信を持たせてくれる料理

家族の美味しい顔
小さな明日香には、嬉しくって夢中になったんでしょうね。
2013-11-11 21:01 らら #- URL [ 編集 ]

将を射んと欲すれば

> らら さん
コメント、ありがとうございます!

保育園は、基本、給食ですが
遠足は、お弁当です
京一郎は、イイトコの坊ちゃん
だったので
料理は、殆ど出来ません
レンチンしたものを
弁当箱に詰めるので精一杯
だったのでは

胃袋を掴まれたと同時に
「明日香ちゃんも、練習すれば
 お料理、上手になるわよ」
なんて、はるみに言われて
心も掴まれたんじゃないかな~
2013-11-11 22:31 トロニャ@ #- URL [ 編集 ]

魔法の言葉!

明日香ちゃんは何が好き?
○○~

お父さんは何が好きかな?
○○かな~

じゃあ~、涼介お兄ちゃんは?
お兄ちゃんは何が好き?

明日香も、お手伝いする~
小さなエプロンをつけた、可愛いママがもう1人
出来上がり。でしょうか?
2013-11-11 23:49 らら #- URL [ 編集 ]

何が好き?

> らら さん
コメント、ありがとうございます!

お兄ちゃんは、何が好き?
明日香が作った物なら、何でも好きだよ
・・・答えになってない
だから明日香は、涼介の好き嫌いを
あまり把握していなかったりw
2013-11-12 23:24 トロニャ@ #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://toronya2006.blog.fc2.com/tb.php/427-65cdedf6

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。