FC2ブログ

四季の風景時計


カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事


登場人物:年齢

登場人物紹介へ

『Prologue』 
涼介:大学生

『兄』 『紗栄子』 『妹』
明日香:中2

『Intermezzo』 ~ 5
『明日香』 『涼介』
明日香:高1

メールフォーム


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<8>梅雨 2

「んんっ!・・・んっ、んんっ!」

咥内に弾ける、明日香の嬌声

それを飲み下し

わざと大きなリップ音を響かせて顔を上げ

繋がる銀糸を、ゆっくりと舐め取った

『キスしてたら、折角の声が聞けないね?』

「やっ!・・・んあぁっ!」

大した台詞でもないのに

明日香は敏感に反応して、オレを締め付ける

恥じらいながらも、快楽を教え込まれた身体は貪欲だ

何度も、持って行かれそうになるのを耐え

その度に、深く突き入れ、掻き回した

・・・オレに、堕ちて・・・

身体だけでなく、心も

そして・・・捕らえて縛る為の、血の鎖が欲しい

家族を失う事に怯えているのなら

オレと、新しい家族を作れば良いんだ

法的には、後一年余りを待たなければならないけれど

『愛してるよ、明日香』

幾度となく繰り返した言葉

しかし、想いを告げる度

明日香の瞳は、不安と戸惑いに揺れる

浮かされたように肉欲に耽っていても

その一瞬だけ、熱から冷めたかように

『・・・そろそろ、イこうか』

軽く唇を啄んでから、そっと両手を解く

替わりに両脚を肩に担ぎ上げ、グッと結合を深める

そして、間髪容れず、腰を叩き付けた



→  『赤い鎖』 8-3

『赤い鎖』 8-1  ←  <目次>
 
にほんブログ村 小説ブログ ロマンス小説へ
クリック応援お願い致します
スポンサーサイト

コメント

なんの迷いも、なんの試練もないより
遥かに、絆は深い2人。

迷いはある、
でも
離れるなんて、
できないでしょうね。
2013-11-16 21:46 らら #- URL [ 編集 ]

迷い

> らら さん
コメント、ありがとうございます!

涼介の心の内を
明日香は、完全には理解していません
心を読む事なんて出来ないのだから
当たり前なんですが
明日香の迷いの理由も
涼介は、分かっていません
オレ以外に好きな奴が居るから?
なんて、思っているのかも
2013-11-17 05:51 トロニャ@ #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://toronya2006.blog.fc2.com/tb.php/432-59ca3e58

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。