FC2ブログ

四季の風景時計


カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新記事


登場人物:年齢

登場人物紹介へ

『Prologue』 
涼介:大学生

『兄』 『紗栄子』 『妹』
明日香:中2

『Intermezzo』 ~ 5
『明日香』 『涼介』
明日香:高1

メールフォーム


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

課外授業 3

「おいで・・・」

手を引かれ、立ち上がると同時に抱き寄せられ

私は、机の上に腰を下ろした彼の膝を跨ぎ

向かい合うようにして座る

私の頤を掴み、顔を寄せる彼に合わせて

彼の首に両腕を回すと

再度、貪るように唇を求め合った

『んぁっ・・・んん・・・っ』

私の後頭部を押さえていた彼の右手が滑り落ち

背中を、腰を撫でた後

私のスカートを捲り上げ

後ろから、その長い指が2本

ズブリとナカへ埋め込まれる

・・・ショーツは、既に脱いである

昼休みの逢瀬では、汚さないように、と

予め脱いで来るよう、指示されているからだ・・・

『ぁあんっ・・・あっ、あぁっ・・・』

「スゴいね・・・触ってないのに、もうトロトロだ」

「オレの舐めてたら、欲しくなっちゃったの?」

『やぁん・・・っ』

恥ずかしくて、首を横に振るけれど

身体は嘘を吐けない

快楽が欲しくて、自然と腰が揺れてしまう

せめて、その指で、ナカを掻き混ぜて欲しいのに

彼は、一向に動く気配すらしない

焦れったくて、その真意を測ろうと

そっと目を合わせれば

瞳に熱を宿したまま、彼は、にこりと微笑んだ



→  『課外授業』 4

『課外授業』 2  ←  <目次>  

にほんブログ村 小説ブログ ロマンス小説へ
クリック応援お願い致します
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://toronya2006.blog.fc2.com/tb.php/451-350d2fde

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。